ドックベストセメント治療|姫路市広畑区で矯正・歯周病などの歯医者ならスマイル歯科クリニックへ

かんたん今すぐネット予約

ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療について

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

ドックベストセメント治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

また、ドックベストセメント治療は、3Mix法と治療内容が似ていますが、3Mix法と比べて優れている点もいくつかあります。

ドックベストセメント治療の特徴

ドックベストセメント治療は、銅、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどを主成分とする素材を使って行われます。鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力が、虫歯菌に効果的に作用することで、虫歯菌に侵された歯の象牙質の無菌化を促すという、大きな働きがあります。

ここでは、そんなドックベストセメント治療の主な特徴を紹介いたします。

ドックベストセメント治療は、あまり痛くない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないで済みます。

このため、患者さんが痛みを感じないことがほとんどです。また、そのため麻酔注射も必要無い場合がほとんどです。

ドックベストセメント治療は、歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力で患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。

ドックベストセメント治療は、象牙質を再生させる可能性がある

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの、鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションで殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

象牙質を含む、歯と歯周組織の構造

象牙質を含む、歯と歯周組織の構造

エナメル質
歯の最表の層。最も硬い部分。

象牙質
エナメル質の下の層。エナメル質よりも軟らかいので、この層に虫歯が達すると進行が速い。

歯髄
いわゆる神経と呼ばれる部分。

歯肉
歯茎の最表部分。歯槽骨を覆っている。

セメント質
歯根部分の最表層。

歯根膜
歯槽骨と歯根(セメント質)をつなぐ繊維。

歯槽骨
歯を支える骨。歯肉の下の部分。

血管と神経
歯髄につながる神経の元。

歯の根の病気への効果の可能性

ドックベストセメント治療は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

スマイル歯科クリニック

住所

兵庫県姫路市広畑区才1037-16 GoogleMapはこちら
アクセス
はりま勝原駅北口 徒歩16分
TEL
079-230-0095

Googleマップやカーナビで住所を検索すると別の場所を示す場合がありますので、
必ず本サイトの地図を参照してご来院下さい。

午前診療
9:30~13:00

9:30~13:00

9:30~13:00

9:30~13:00

9:30~13:00
午後診療
15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~19:00

15:00~19:00

14:00~18:00

page top